本文へ移動

 

はなまる
運営会社(有)丸九電設
〒882-1101
宮崎県西臼杵郡高千穂町
三田井1051-1
TEL.0982-72-2258
FAX.0982-72-5031

1.宿泊施設
2.観光企画、イベント企画
3.貸別荘
4.電気工事
5.管工事
6.空調工事

古物商認可番号
宮崎県公安委員会 
第12201号

 
2
2
5
7
9
5

はなまるブログ

はなまるブログ

神太郎水神社

2011-01-26
クリック拡大 神太郎水神由緒 はなまる 高千穂 宿泊
クリック拡大 神太郎水神 はなまる 高千穂 宿泊
クリック拡大 神太郎水神 はなまる 高千穂 宿泊
神太郎水神社は五ヶ瀬川水系の五水神社の一社として日之影町見立地区に鎮座しています。
東はこの地、見立に川詰神太郎、西は三ケ所廻渕に雑賀(さいが)小路安長、南の七折には綱瀬弥十郎、北の田原に漣(さざなみ)三郎、そして、中央が三田井に御橋久太郎であり、神太郎様はその長兄であるといわれ、五大水神様の内でも霊験あらたかなことで知られています。
又、この水神淵の水を使い手習いをすると上達すると言われ、遠方からの参拝者が多いことでも有名です。
 
■御祭神:川の詰神太郎
■御利益:安全祈願・縁結び・雨乞い・山火事の鎮火祈願

もうすぐ、完成!

2011-01-14
クリック拡大 改築1 はなまる 貸し別荘 高千穂
クリック拡大 改築2 はなまる 高千穂 貸し別荘
クリック拡大 竹門 はなまる 貸し別荘 高千穂
貸し別荘の改築をして頂いている?橋本建装の社長様より、「もう少しでできあがるぞー、」とのお電話を頂いたので、経理のお仕事をちょっとだけ中断して貸し別荘へと行ってみました。ウッドデッキから眺める田舎の風景に“癒されるー”という感じで、プライベートを邪魔されない空間も確保!うん、なかなかGoodです。
そして、ぐるりと見渡し目に留まった青竹が何だか妙に欲しくなり、大工さんに「余ったらもらえますか?」と聞くと、「いいよ!」その後の「何に使うと?」の質問に・・・「杖にします!」と答えた私。気持は若くても年には勝てないのが現実です(T_T)

菊の宮神社

2011-01-13
クリックで拡大 菊の宮 はなまる 高千穂 貸し別荘
クリックで拡大 菊の宮 はなまる 高千穂 貸し別荘
クリックで拡大 菊の宮 はなまる 高千穂 貸し別荘
大晦日、紅白歌合戦が11時45分に終わると同時に氏神様としてお祀りしている菊の宮神社へ初詣に出かけました。菊の宮神社では、参拝した後に落雁(らくがん)を頂けるのですが、その袋の中にくじが入れてあり今年は破魔矢が当たりました。しかも、家族4人共みんな破魔矢(^.^)、そうなれば・・・「よ〜し!家族全員で、今年一年の好運を射止めるぞオ!」
 
御祭神:天児屋根命・大職冠鎌足公
由 緒:永正元年(1504)、三田井右京大夫右武が再建したと言われています。
祭神である天児屋根命は天岩戸開きの時、岩戸の前で祝詞をあげた神であり、「日本書紀」には天照大神が命の美しい祝詞を誉めたことが記されています。後世の中臣氏(藤原氏)の祖神、また菊池一族の祖先とも言われています。
御神木:杉
御利益:天児屋根命は議事・歌の神として知られています。
鎮座地:高千穂町大字三田井1688番地
 

熊野鳴滝神社

2011-01-07
クリックで拡大 熊野鳴滝神社 はなまる 高千穂 貸し別荘
クリックで拡大 熊野鳴滝神社 階段 はなまる 貸し別荘
クリックで拡大 熊野鳴滝神社  はなまる 貸し別荘
今週の土曜日(8日)に夜神楽が奉納される河内に鎮座する「熊野鳴滝神社」は寛元3年(1245年)三田井城主・高千穂政信の建立と伝えられています。明暦2年、宝暦10年、文化3年に再建され,明治40年に「上川内神社・中川内神社・下川内神社」を中川内神社に合祀し「熊野鳴滝神社」と改称されました。うっそうと茂る杉に囲まれた神社の石段は、天まで続いているかのよう・・・。「上ることで得るものもあり」と自分に言い聞かせ、数えながら上がった階段の数も上ることに必至の余り、途中で忘れるという始末。(>_<) 明日はきっと筋肉痛だと思います(*^_^*)
■蔡神 伊弉冊尊(いざなみのみこと)鵜葺屋葺不合命(うがやふきあえずのみこと) 事解男命 速玉男命
    玉依姫命 神日本磐余彦命 彦火火出見命 吾平津姫命 豊玉比売命 菅原道真公
■御神木 杉・いちょう
■ご利益 (日向三代が祀られていることから)子孫繁栄、家内安全

初詣

2011-01-05
くしふる神社 初詣 高千穂 はなまる
荒立神社 初詣 高千穂 はなまる
昨年末から年明けにかけて高千穂では久しぶりに見る大雪の中、「高千穂神社」「くしふる神社」「荒立神社」へ初詣に出かけました。まだ、残る雪を踏みしめながらの参拝はいつになく我が身もビシッ!と引き締まるような感じがしました。ところで高千穂神社やくしふる神社のご神木は杉ですが、ご神木に杉が多いのは、まっすぐなその樹形が目印になりやすいから。神様がそれを伝っておりてみえると考えられているからなのだそうです。(「神々の坐す里 高千穂神社」より一部抜粋) そうなんだ・・・又一つ、勉強になりました(*^^)v それから、「高千穂道の駅」の観光案内をされている方から「最近、観光客がはなまるさんが撮ったくしふる神社はどこにありますか?」という質問をされるとのお話を頂きました。HPを見て高千穂に来られている方も結構いらっしゃるんだな!と嬉しくなりました(*^_^*)
TOPへ戻る