本文へ移動

 

はなまる
運営会社(有)丸九電設
〒882-1101
宮崎県西臼杵郡高千穂町
三田井1051-1
TEL.0982-72-2258
FAX.0982-72-5031

1.宿泊施設
2.観光企画、イベント企画
3.貸別荘
4.電気工事
5.管工事
6.空調工事

古物商認可番号
宮崎県公安委員会 
第12201号

 
2
2
6
8
3
5

はなまるブログ

はなまるブログ

イクリ(すもも)を頂きました!

2011-07-27
すもも いくり 高千穂 はなまる 貸し別荘
すもも いくり 高千穂 宿泊 貸し別荘 はなまる
茶摘でお世話になった茶園のご主人から朝、採れたばかりの「いくり(=すもも?)」を沢山いただきました!白く見えるのは保護膜で、収穫後24時間位経過すると自然になくなるそうです。イクリ(すもも)は疲労回復に効果があり、便秘や貧血に悩む人や妊娠した女性におすすめです。
この濃い紅色は、ポリフェノール(アントシアニン)で含有量はブルーベリーの1.5倍もあるそうですよ!プラムと比べると歯ごたえがシッカリしています。甘酸っぱくて・・・かなり美味しい(*^^)vです。真っ赤っかな色は、身体を元気にしてくれそう・・・(*^_^*)
 

高原町「霞神社の白蛇様」

2011-07-17
霞神社 白蛇様 高千穂 はなまる 貸し別荘
霞神社 白蛇様 高千穂 はなまる 貸し別荘
霞神社 白蛇様 高千穂 はなまる 貸し別荘
先のブログでご紹介した霞神社は、山岳宗教(霧島信仰)修験者の修行場で、五色の蛇と呼ばれる白蛇様が境内の馬頭観音神社の岩々の隙間にいて、その姿を見ると幸せになると言われています。
参拝に出かけた日にも、馬頭観音神社の岩に張り付くようにして、岩の隙間を覗いている方がおられました。
この方、1日に何度となくここに出向き、白蛇様の姿を見るのが生活の一部になっているとか・・・。雨の日によくそのお姿を現わされるそうですが、この日は3枚目の写真の広い岩の隙間にいると話されていました。
以前、白蛇様が姿を見せた時に観光客の方が、100円硬貨を岩の隙間し入れたとたん、その姿を潜め一時期、現れなかったと話されていました。

霞 神社(高原町)で開運祈願

2011-07-16
霞神社 高千穂 宿泊 はなまる 貸し別荘
霞神社 高千穂 宿泊 はなまる 貸し別荘
霞神社 高千穂 宿泊 はなまる 貸し別荘
高原町に鎮座する「霞神社」へ行ってきました。古くは霞権現と呼ばれ、畜産の神様として信仰されてきた神社です。この日は晴天に恵まれたものの、見上げれば果てしなく続くような長い階段を上がるには厳しい暑さで、額どころか体中から流れ落ちる汗を拭きつつも、登った先の素晴らしい眺めに感激。(^O^)/
また、この霞神社には「白蛇様」と呼ばれる岩蛇が棲息しており、商売、縁結び、開運の白蛇様の神社として沢山の人に知られています。
 
■御祭神:国造りの神 大己貴命(オオナムチノミコト) 少彦名命(スクナヒコナノミコト)
豊受姫命(ウケモチノミコト)
■所在地 〒889-4413 宮崎県西諸県郡高原町後川内1553
■電話番号 TEL : 0984-42-0033

秋元神社のご神水

2011-07-09
秋元神社御手水 高千穂 宿泊 はなまる
秋元神社 杜 高千穂 宿泊 はなまる
ブログでご紹介した秋元神社の神社参道入口と拝殿横のお手水は、秋元の深い山から流れ落ちる山水で、昔から御神水として信仰されています。広島大学の研究からも「稀にみる名水」と報告された清く澄み切った名水です。
 
■御神祭にまつわるお話■
秋元神社の御神祭である国常立尊(クニトコタチノミコト)は神世七代の神々の1柱で「日本書紀」をはじめ、全ての異伝に現れるのはこの神様だけです。国狭土尊(クニサヅチノミコト)は山の神、大山津見神(オオヤマズミノカミ)と野の神、鹿屋野比売神(カヤノヒメノカミ)との間に生まれた神で、神聖な土地の神という意味。豊斟淳尊(トヨクムヌノミコト)も神世七代の神々の1柱です。
 
秋元神社への交通アクセス■
高千穂市街地から車で約30分
高千穂バスセンターから秋元までふれあいバス(向山線)が運行していますが、下車してから神社までは、かなり距離があるので、自家用車又はタクシーをご利用された方がよいでしょう。道幅が狭いので運転にはくれぐれもご注意ください。

神秘の聖域「秋元神社」

2011-07-06
クリック拡大! 秋元神社 パワースポット 高千穂 宿泊 はなまる
秋元神社 パワースポット 高千穂 宿泊 はなまる
秋元神社 パワースポット 高千穂 宿泊 はなまる
「秋元神社」は、建磐龍命(タテイワタツノミコト)が諸塚の大白山の中腹に創建し、天和3年(1683)に現在地に創建したと伝えられています。春は野の花草が、秋は御神木のいちょうが境内を彩り、境内には秋元の山水が流れ落ち、御神水として祀られています。秋元神社の特徴は、拝殿が鬼門を向いており、これによって大きなパワ−が宿ると言われています。
国常立尊は国土の神様、国狭土尊は坂の神様なので、健やかで穏やかな生活を望まれる方や健康づくりを心掛けている方におすすめです。

[秋元神社由緒]
御祭神…国常立命(クニトコタチノミコト)、国狭槌命(クニサツチノミコト)、豊斟淳命(トヨクミヌシノミコト) 立盤龍命(タテイワタツノミコト)諸塚大白山中腹ニ御創建 天和三年(1683)更ニ現在地ニ建立ト申シ伝ヘラル 享保十七年(1732)十一月二十三日當守護牧野越中守時代ニ諸塚大子大明神ト稱シ明治六年(1873)秋元神社と改稱ス
 
■鎮座地:宮崎県西臼杵郡高千穂町大字向山6781
■御祭神:国常立尊(クニトコタチノミコト)・国狭土尊(クニサヅチノミコト)・豊斟淳尊(トヨクムヌノミコト)
■御神木:いちょう
■例祭日:3月21日
TOPへ戻る